糖質制限中のおすすめおやつ5選

ロカボ
タヌキ

「負担ない育児情報」と「たのしい知育」について発信中
・山(田舎)から上京して東京で必死に子育て!
・娘2歳、実家遠方共働き
・妊娠糖尿病→境界型糖尿病で食生活と運動で試行錯誤!

タヌキをフォローする

糖質制限中でも間食したい

糖質制限していても衝動的に甘いものが食べたい、小腹がすいて頭が働かない。
日常茶飯事である。そんなとき、食べたあと罪悪感のないおやつを紹介したい。
実際に私が妊娠糖尿病〜現在(境界型糖尿病)までお世話になっているおやつの中で、
勝手にベスト5を決める。

現在の身体プロフィール

2018.9月〜糖質制限 開始(記事執筆時点で1年7ヶ月)
・妊娠中+7キロ 産後-14キロ
・現在151センチ 42キロ BMI 18.42

糖質量をおさえたおやつおすすめ!ベスト5

第5位 チーズデザートシリーズ

・1個あたり1.5〜3gの糖質量
・ブルーベリー、ストロベリー、レモン、バニラ、ナッツ、マンゴー等多くの種類を楽しめる
・スーパーで手軽に手に入る(小型店でもチーズコーナーに1種類はある)
・お腹にたまり過ぎないので食事への影響が少ない


第4位 シャトレーゼシリーズ

・洋菓子メーカーである「株式会社シャトレーゼ」(山梨県本社)が展開する低糖質スイーツラインナップ
・全国に5つの工場を持つ大手企業であり生産が安定している
・全国のシャトレーゼ店舗やオンラインショップ販売されており、手に入りやすい
・まとめ買い(スイーツ詰め合わせ)がまとめて多種類購入できるので便利
・洋菓子の味は低糖質と思えないほど安定しており、特に生チョコは絶品

糖質カットのスイーツ | シャトレーゼ

第3位 スイーツプラン 洋菓子シリーズ

マルエツ系列のスーパーに置いてあり、日常の買い物で手に入る、デリバリーアクセスが良い
・プチシュークリーム、エクレア、ワッフルの3種類+新発売のプリンどら焼き
・やや小ぶりだが、味は低糖質とは思えないほど整っている
・普通のエクレアやシュークリームと比較しても遜色なく美味しい
・欲を言えば、商品ラインアップを増やしてほしい

糖質を考えたスイーツ | 株式会社モンテール
シュークリームやロールケーキでおなじみの洋菓子メーカー「モンテール」の公式ホームページです。新商品情報や企業情報、スイーツレシピなどを紹介しています。

第2位 LAWSONロカボシリーズ

・品揃え・アクセスのしやすさにおいては日本一
・郊外から都市まであらゆる場所で低糖質パン、低糖質スイーツが手に入るインフラ=LAWSON
・商品ラインアップがよく変わるので、お気に入りでも売れ筋でないと数週間で棚から消える
・基本的にどれも味に外れがない、スーパーパーフェクトだが、味を優先し糖質が低くない製品もある(1個あたり糖質15gオーバーのもある)
・特におすすめはナチュラルLAWSONの糖質を考えたスイーツシリーズ

低糖質スイーツ続々登場!|ローソン研究所
シュークリームやエクレアなどロカボなスイーツが新発売です。

ちなみに、通常LAWSON(低糖質シリーズでない)スイーツでも、「プレミアムロールケーキ」は糖質14.2gと、15g以下でギリギリ食べられるのでご褒美にしてます。

HTTP 404 - ファイル未検出[LAWSON]

第1位 SUNAOシリーズ

・SUNAOのアイスシリーズが特におすすめ
・低糖質アイスの革命であり、確固たるポジションを獲得している
・通常のアイスを食べ慣れていると、やや甘さ控えめに感じるが、SUNAOしか食べないと、慣れることができる
・おすすめはSUNAOマカダミア&アーモンドで、バニラの甘みとナッツの食感と香ばしい風味がよくマッチしていて楽しめる


番外編

・LAWSON以外のコンビニで手に入りやすい低糖質スイーツでおすすめは中島大祥堂の「ロカボスタイル」のスティック型ケーキである
・主にセブンイレブンで置いている(都内の観測範囲)
・LAWSONと比較して低糖質スイーツの自社ブランドに力を入れていない印象のセブンだが、このスティックケーキは置いてあることが多い。


まとめ

ちょうど私が妊娠糖尿病になった2018年の1〜2年前から低糖質ダイエットが流行しているらしく、各企業が低糖質スイーツを研究製造販売してくれている。大変助かっており、頭が上がらない。特に江崎グリコとLAWSONには足を向けて眠れないし、株を買って応援したい。私のような境界型糖尿病ではなく1型糖尿病の方々やダイエット中の人にとっても、日常から消えては困る存在だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました