【写真付き】おからパウダーお好み焼きのおすすめレシピ

ロカボ
タヌキ

「負担ない育児情報」と「たのしい知育」について発信中
・山(田舎)から上京して東京で必死に子育て!
・娘2歳、実家遠方共働き
・妊娠糖尿病→境界型糖尿病で食生活と運動で試行錯誤!

タヌキをフォローする

おからパウダーでお好み焼きをつくるメリット

・低糖質なので血糖値コントロールやダイエットに効果的
・糖質量は5〜6g(お好み焼きソースなしだと1〜2g)
・小麦粉で作るお好み焼きは60g以上なので、10分の1の糖質量!
・腹持ちがよく、満足感が高い
・味は好みが分かれるが、この糖質量なら納得(卵焼きとお好み焼きの中間のような味)

実際の調理工程を写真で解説

材料

・おからパウダー 大さじ2
・だしの素小さじ2
・水 60ml
・卵 1個
・豚肉(部位は自由)35g
・お好みソース 適量
・青のり 適量
・マヨネーズ 適量

おからパウダーはNICHIGAの超微粒おからパウダーを使っている。
大容量でチャック付きで750円程度、コスパが良い。


粉を計量する

・おからパウダー大さじ2
・だしの素小さじ1
これらをボールに適当に入れる

卵と水を入れる

・卵1つ(全卵)
・水60ml
これらを粉類を入れたボールに入れる

キャベツを入れる

・みじん切りにしたキャベツを好きなだけ入れる
・私はいつもキャベツみじん切りを冷凍していて、そこから2つかみくらい入れる

混ぜて焼く

・よく混ぜて、フライパンに油大さじ1程度をひいて焼く

豚肉をのせる

・広げた生地の上に豚肉を置く
・私は冷凍細切れ豚肉1キロをストックしており、そこから35g程度(適当)を使う

ひっくり返して蒸し焼き

・生地の裏側が焼けてきたら、ひっくり返す
・おからパウダーお好み焼きの生地は柔らかいので綺麗にひっくり返すことはできない
・生地がバラバラになっても豚肉がよく焼けるようにひっくり返せばOK
・ひっくり返したあとは蓋をして蒸し焼きにする
・生地が生っぽくなく、豚肉に火が通っていることを十分に確認したら皿にとる

トッピングする

・お好み焼きソース、青のり、マヨネーズをお好みでトッピングする
・お好み焼きソースは低糖質のものだとベスト
・鰹節をかけても美味しい


まとめ

・腹持ちが良く糖質をおさえられるおからパウダーお好み焼きは自炊昼飯の鉄板メニュー
・私は育休中なので毎日昼はこのメニュー
・働いている方も土日のお昼を1食代替すると血糖値を抑えられるしダイエットにもなるのでおすすめです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました